Stratasys Digital Anatomy Printerの医療用3Dプリントソフトウェア

Stratasys社の新しいDigital Anatomy Printerには、最先端のリアル感があります。GrabCAD Printソフトウェアで作業することで、骨や組織を模倣したリアルな人間の解剖学的モデルをプリントできます。

解剖学的にリアルな3Dプリント

解剖学的プリセットのライブラリから選択
GrabCAD Printは、人体解剖学プリセットの豊富なライブラリを揃えており、体内構造の設計の必要性を減らすことができます。骨、血管、心臓などの特定のデジタル人体構造を選択することができます。
生体学的にリアルな解剖モデルを作成
自動的に構造補強や多孔質構造などの微細構造を生成し、非常に正確な解剖学的モデルを作成します。
CADからプリントへの工程を簡略化
GrabCAD Printは、セグメント化されたDICOMデータセットおよびモデル化ソフトウェアから作成されたものを含む、ネイティブCADおよびSTLファイルを読み取ります。
望むままのリアルな外観を入手
J750 Digital Anatomy Printerは、透明度を定義し、質感と仕上げを選択することで、実物を模倣した最終生成物を作成します。

人体組織を模倣する素材

リアルな感触を生成
GrabCAD Printがあれば、必要な人体構造を選択して、正しい骨と組織の感触を作成できます:
  • 筋肉や柔らかい器官を複製する超柔素材のTissueMatrix™。
  • GelMatrix™:複雑な血管や腔内を模倣するゲルベース素材。
  • BoneMatrix™:皮質骨および結合組織を模倣する高靭性材料。

合理化された設計と後処理

時間と手間を省く
独自のボクセルベースのエンジンが、微細構造を新しい病理ごとに設計し直す手間を省きます。選択する人体構造の予測可能なパフォーマンスが、推測作業を不要とするためです。
サポート材を簡単に除去
GelMatrix™サポート材により、複雑な血管モデルからサポート材を簡単に除去できます。

整形外科的精度に到達できるよう設計されたソフトウェア

骨密度を制御してプリント部位の不要な亀裂を防止
独自のソフトウェアツールと機能により、後処理の問題を排除できます。
  • Long Bone Axis Toolで、長骨の近位部と遠位部を定義できます。これにより、さまざまな密度の部位をプリントして、長骨の構造に近づけることができます。また、皮質骨、海綿骨、骨髄など、さまざまな層や部位を骨構造に追加することができます。
  • Strain Relief Toolにより、プリントモデルに整形外科的手順で穴を開けてネジを取り付ける必要がある場合に、ひびが入るよう設計された外周を設定できます。

使用事例に合わせて試験および検証

最も正確なデジタル解剖学仕様を入手
Stratasysは、主要な医療機器会社および研究機関と協力して、デジタル人体構造を開発しています。医療シミュレーションのシナリオは継続的に更新されるため、パフォーマンスは常に、一般的なシミュレーションおよび検証シナリオに合わせて調整されます。
解剖学的プリセットで作業して時間を節約
ソフトウェアのプリセットは、実際の動物および人間の組織に対して評価されます。