JP_013_GrabCAD Print: バージョン 1.48 新機能のご紹介

GrabCAD プリント リリース ノートから新機能を紹介します
ビルド番号 1.48.14.2323 リリース日 2020/11/17

  1. Step 1: GrabCAD Print バージョン 1.48

    1.48更新に関するビデオについては、ここをクリックしてください。(英語)


    ◆GrabCAD Printは、Objet30デスクトッププリンタをサポートするようになりました。既存のObjet30V3プリンタ(Objet30、Objet30 Pro、またはObjet30 Primeとして知られている)に加えて、新世代のObjet30 V5ProおよびPrimeが発売されています。 V5モデルは、設置面積が小さく、印刷品質が最高の単色で使いやすいプリンタです。 3つの印刷モードと、DraftGreyを含むさまざまな13のモデル材料、および柔軟で生体適合性のある材料(Primeのみ)を提供します。 Objet30でGrabCADPrintを使用するには、次のガイドに従う必要があります。GrabCADPrint用のPolyJetプリンタのセットアップ 

     

    ◆基本スタイルオプションが、FDMプリンタの[サポート設定]パネルで使用できるようになりました 

     

    Model and Supports:ベースはモデルとサポートのフットプリントの下に追加されます。ベースがオーバーラップすると、それらは共通のベースにマージされます。ベースが閉ループを形成すると、ループが埋められ、大きくて安定したベースが作成されます。 

     


    Model only:ベースはモデルのフットプリントの下にのみ追加されます。サポートはトレイまで伸びており、ループは埋められていません。 

     



    ◆[ファイル]> [環境設定]> [GrabCAD Labs]の新しいオプションを使用すると、PolyJetプリンタのアセンブリでボディのマットと光沢の仕上げを組み合わせることができます。 



    ◆新しい印刷モードである超高速がJ826プリンタで利用できるようになりました。この新しいモードは、高速モードの2倍のスループットを提供し、ラピッドコンセプトモデルの印刷など、多くのアプリケーションで実用的です。